志望動機の評価ポイント|志望動機を書くときは例文を参考にしよう

読む人をイメージしよう

進学に際しての志望動機を書く前に、読む人の姿をイメージしてみましょう。どんな人が読むのか想像を膨らませながら書くと、相手により伝わる文章になります。

志望動機の評価ポイント

no.1

やる気が伝わってくるか

志望動機評価ポイントランキング第一位はやる気が伝わってくるかという点になりました。進学してからも目標に向かって頑張れるのかがしっかりと書いてあるかが問われます。

no.2

構成が分かれているか

第二位は構成が分かれているかということがポイントになりました。段落ごとに内容が分かれていて読みやすい文章になっているかどうかが重要なのですね。これから書く人は構成を意識して書き進めていきましょう。

no.3

読み手のことを考えた文章か

志望動機は初対面の相手に自分を適切にアピールするための文章です。相手が知らないような話を長く書いてしまうというようなことは避け、誰が読んでも内容がわかる文章を作りましょう。

志望動機の評価ポイント

ウーマン

評価ポイントはある程度決まっている

志望動機の評価ポイントはある程度は決まっていますので、そのポイントは外さないような文章を作りましょう。例文を読んでも、ランキングで出てきたポイントがしっかりと押さえられていることがわかるはずです。

分かりにくいストーリーは入れない

志望動機では自分がその分野やその学校を志望したきっかけとなったストーリーを書くことが多いと思いますが、このときに相手がイメージしにくいような話を書かないようにしましょう。一般的な人が共感できる話を書くことが大事です。

漢字間違えに気をつけよう

意外と多いのが漢字の間違いです。誤字脱字を確認するときに、漢字がこれであっているのか一つ一つ確かめていくと良いでしょう。

協調性なども見られる

志望動機で学校側は協調性なども判断しています。そういったことを考慮して、バランスの良い文章を書くことが大事です。あまりに独特過ぎると捉えられるような文章の場合、よい評価にならないこともあります。